1991年~1993年の論文一覧

1991年~1993年の間に発表された論文の一覧を掲載しております。
また、一部はPDFで論文の詳細を確認することも可能になっております。
それぞれの論文タイトル、または末尾のアイコンをクリックしてください。

  • Kitamura, T., Shima, S., Sugawara, M. and Toda, M.: Psychological and social correlates of the onset of affective disorders among pregnant women. Psychological Medicine, 23; 967-975, 1993.PDFはこちら
  • 北村俊則,島悟,戸田まり,菅原ますみ:疫学としての社会精神医学-妊娠初期のうつ病の発症要因の研究を中心にして-. 日本社会精神医学会雑誌, 1; 89-92, 1993.
  • Kitamura, T. and Suzuki, T.: A validation study of the Parental Bonding Instrument in a Japanese population. Japanese Journal of Psychiatry and Neurology, 47; 29-36, 1993.PDFはこちら
  • Kitamura, T., Shima, S., Toda, M. A. and Sugawara, M.: Comparison of different scoring systems for the Japanese version of the General Health Questionnaire. Psychopathology, 26; 108-112, 1993.
  • Kitamura, T., Nakagawa, Y. and Machizawa, S.: Grading depression severity by symptom scores: Is it a valid way of subclassifying depressive disorders? Comprehensive Psychiatry, 34; 280-283, 1993.
  • 藤原茂樹,北村俊則:甲府市の一地域における精神科疫学調査- JCM 診断による軽度精神障害の頻度. 日本医事新報, 3618, 47-50, 1993.
  • 宮田量治,山岸由幸,藤井康男,北村俊則:長期入院を経験した慢性精神分裂病患者のquality of life (QOL) について-予備的報告-. 日本社会精神医学会雑誌, 2; 73-77, 1993.
  • Kitamura, T. and Suzuki, T.: Perceived rearing attitudes and minor psychiatric morbidity among Japanese adolescents. Japanese Journal of Psychiatry and Neurology, 47; 531-535, 1993.PDFはこちら
  • Kitamura, T., Fujihara, S., Yuzuriha, T. and Nakagawa, Y.: Sex differences in schizophrenia: a demographic, symptomatic, life history and genetic study. Japanese Journal of Psychiatry and Neurology, 47; 819-824, 1993. PDFはこちら
  • Takeuchi, M., Yoshino, A., Kato, M., Ono, Y. and Kitamura, T.: Reliability and validity of the Japanese version of the Tridimensional Personality Questionnaire among university students. Comprehensive Psychiatry, 34; 273-279, 1993.
  • 北村俊則:DSM-IV の多軸診断について. 精神科診断学, 4; 483-488, 1993.
  • 北村俊則,北村總子:精神医療における告知同意と判断能力について. 精神神経学雑誌, 95; 343-349, 1993.
  • 加藤正明,保崎秀夫,笠原嘉,宮本忠雄,小此木啓吾,浅井昌弘,海老原英彦,太田龍朗,大野裕,柏瀬宏隆,加藤敏,北村俊則,北山修,富永格,中河原通夫,中澤欣哉,中谷陽二,渡辺久子(編集)新版精神医学事典. 弘文堂,東京,1993.
  • 北村俊則:論文中の「わが国」表記について.精神神経学雑誌, 95; 503, 1993.
  • 風祭元,岡崎祐士,北村俊則:精神医学の進歩と将来の方向(座談会).Psychiatry Today, Pilot issue 2-8, 1993.
  • 北村俊則:妊娠のメンタル・ヘルス.健康づくり, 179; 12-13, 1993.
  • 北村俊則:妻の出産.健康づくり, 180; 12-13, 1993.
  • 北村俊則:産後のメンタル・ヘルス.健康づくり, 181; 12-13, 1993.
  • 岡上和雄,吉住昭,北村俊則,大島巌,海老原英彦,丸山晋:実践・臨床・システムの観点から社会精神医学へ(座談会).日本社会精神医学会雑誌, 2; 7-27, 1993.
  • 北村俊則:ICD-10といわゆる従来診断について.PONS, 13; 15-17, 1993.
  • 北村俊則:精神の疾患を意味する用語について.Psychiatry Today, 3; 2-4, 1993.
  • 廣瀬美佳,北村俊則(訳)Hopkins判断能力評価試験-患者の告知同意能力を判定する簡略な試験方法-.精神科診断学, 4; 97-103, 1993.
  • Bluglass, R. S.: Introduction to United Kingdom mental health services and background to legislation 北村總子,北村俊則(訳)英国精神保健医療の紹介とその法制度の背景.精神医学, 785-791, 1993.
  • Zigmond, A. S. and Snaith, R. P.: Hospital Anxiety and Depression Scale (HAD尺度) 北村俊則.(訳)精神科診断学, 4; 371-372, 1993.
  • 北村俊則,藤縄昭,吉野雅博,三浦勇夫,笠原嘉: ICD-10(草案)診断と従来診断の対比について-全国精神科医療機関における実地施行の結果から-. 精神科診断学, 3; 349-363, 1992.
  • 北村俊則,藤縄昭,岡崎祐士,高橋三郎,笠原嘉:日本における非定型精神病診断の概念と症状構造-全国多施設共同研究のから-. 精神神経学雑誌, 94; 1194-1201, 1992.
  • 菅原ますみ,佐藤達也,島悟,戸田まり,北村俊則:乳児期の見知らぬ他者への恐れ-生後 6・12・18か月の縦断的関連-. 発達心理学研究, 3; 65-72, 1992.
  • 北村俊則:分裂感情病の疾病学的位置づけ. 精神科診断学, 2(4); 385-400, 1991.PDFはこちら
  • 古川壽亮,北村俊則:精神医学における実証主義と操作化と計量的手法. 臨床精神病理学, 13; 89-100, 1992.
  • 宮岡等,竹内美香,北村俊則:精神症状の測定法:評価尺度. 高橋三郎,花田耕一(編)精神科MOOK 28 精神科診断基準,pp. 31-44, 1992.
  • 北村俊則:自記式調査票の効用と限界. 精神科診断学, 3; 407-411, 1992.
  • 竹内美香,吉野相英,大野裕,加藤元一郎,北村俊則: Cloningerの3次元人格 (TPQ) 理論および日本語版 Tridimensional Personality Questionnaire (TPQ). 精神科診断学, 3; 491-505, 1992.
  • 北村俊則:イギリスの現状と国精療への期待. 国精療病院機能研究班(編)国立精神病院の使命と将来-21世紀の精神医療を求めて-. pp.36-37. 国立療養所犀潟病院,1992.
  • 北村俊則:届かなかったクリスマス・カ-ドと花田先生.精神科診断学, 3; 123-124, 1992.
  • 北村俊則:現代の古典 (9) E. C. Johnstone と生物学的精神医学研究.精神科診断学, 3; 131-133, 1992.
  • 藤縄昭,笠原嘉,加藤伸勝,松下正明,山崎敏雄,北村俊則:座談会:精神保健法における精神障害の定義.精神科診断学, 3; 275-288, 1992.
  • 北村俊則:現代の古典 (11) 推計学的診断学とSpitzer.精神科診断学, 3; 383-386, 1992.
  • Andreasen, N. C.: Scale for the Assessment of Positive Symptoms (SAPS) .岡崎祐士,北村俊則,安西信雄,太田敏男,島悟,McDonald, P.(訳):陽性症状評価尺度 (SAPS) .精神科診断学, 3; 365-377, 1992.
  • Janofsky, J. S., McCarthy, R. J. and Folstein, M. F.: The Hopkins Competency Test: A brief method for evaluating patient’s capacity to give informed consent. Hospital and Community Psychiatry, 43; 132-136, 1992.
  • 北村俊則,島悟,戸田まり,菅原ますみ:軽症感情障害の家族内発症危険率. 脳と精神の医学, 2; 273-277, 1991.
  • Kitamura, T. and Suga, R.: Depressive and negative symptoms in major psychiatric disorders. Comprehensive Psychiatry, 32; 88-94, 1991.PDFはこちら
  • Takeuchi, M. and Kitamura, T.: The factor structure of the General Health Questionnaire in a Japanese highschool and university student sample. International Journal of Social Psychiatry, 37; 99-106, 1991.
  • 北村俊則:精神分裂病の症候学における統計学的研究. 精神神経学雑誌,93; 823-829, 1991.
  • 吉野相英,加藤元一郎,原常勝,鈴木透,北村俊則:アルコ-ル症の発症過程を規定する因子について. 精神科診断学, 2; 351-357. 1991.
  • 吉野相英,加藤元一郎,原常勝,鈴木透,北村俊則:アルコ-ル離脱せん妄と離脱けいれん発作の発現危険因子について. 精神医学, 33; 827-831, 1991.
  • 北村俊則:精神医学における操作的診断基準と DSM-III-R -従来診断の実証的視点の欠落に触れて-. 精神科治療学, 6; 521-531, 1991.
  • 藤縄昭,北村俊則:精神医学における操作的疾病分類学・症状学の効用と限界. 精神科治療学, 6); 549-554, 1991.
  • 北村俊則:分裂感情病の疾病学的位置づけ. 精神科診断学, 2; 385-400, 1991.PDFはこちら
  • 北村俊則:精神分裂病・うつ病とまばたき. 田多英興,山田冨美雄,福田恭介(編)まばたきの心理学,pp. 232-238, 北大路書房,京都,1991.
  • 北村俊則:まばたきとドパミン仮説. 田多英興,山田冨美雄,福田恭介(編)まばたきの心理学,pp. 242, 北大路書房,京都,1991.
  • 懸田克躬(監修)岡庭武,大塚俊男,柿本康男,柏瀬宏隆,風祭元,加藤伸勝,北村俊則,工藤義男,白橋宏一郎,高柳功,西園昌久,藤谷豊,保崎秀夫,牧武,松岡浩,三浦勇夫,山崎敏雄,井上令一:精神科治療ガイドブック. 金原出版,東京,1991.
  • 渡辺登,北村俊則:その他の代表的な疾患の概要.改訂福祉士養成講座編集委員会(編)介護福祉士養成講座第11巻,精神保健. 東京中央法規出版,東京,1991.
  • 北村俊則:精神分裂病における陰性症状と抑うつ症状.精神医学, 33; 58, 1991.
  • Kitamura, T., Shima, S., Sugawara, M. and Toda, M. A.: Stress and puerperal psychosis. British Journal of Psychiatry, 158; 290-291, 1991.
  • 北村俊則:現代の古典 (5) Brown と社会学的精神医学.精神科診断学, 2; 134-136, 1991.
  • 北村俊則:Ewing, J. A. CAGE 調査票. 精神科診断学, 2; 359-363, 1991.
  • 北村俊則:強制入院,危険性評価,精神分裂病の診断-第15巻を読む前に-. 精神分裂病研究の進歩, 2; 2-3, 1991.
  • 北村俊則:Mini-Mental State (MMS) .大塚俊男,本間昭(監修)高齢者の知的機能検査の手引き. pp35-38,ワ-ルドプランニング,東京,1991.