1987年~1990年の論文一覧

1987年~1990年の間に発表された論文の一覧を掲載しております。
また、一部はPDFで論文の詳細を確認することも可能になっております。
それぞれの論文タイトル、または末尾のアイコンをクリックしてください。

  • 北村俊則,杠岳文,森田昌宏,伊藤順一郎,須賀良一,中川泰彬:オックスフォ-ド大学版BPRSの下位尺度の作成とその妥当性. 精神科診断学, 1; 101-107, 1990.
  • 菅原ますみ,北村俊則,戸田まり,島悟,佐藤達哉:発達初期における母親の精神的健康と乳児の気質的特徴との関連. 発達の医学と心理学, 1; 249-256, 1990.
  • 加藤知佳子,渡辺さちや,永田俊明,北村俊則:心理学専攻者による操作的診断基準の信頼度検定. 教育心理学, 38; 413-417, 1990.
  • 北村俊則:精神障害の亜型分類について-笠原敏彦ら「心気症の分類と臨床的特徴」に対する批判的考察-. 精神神経学雑誌, 92; 242-244, 1990.
  • 北村俊則:精神症状測定・評価の問題点. 老年精神医学雑誌, 1; 396-402, 1990.
  • 北村俊則,栗田広,藤縄昭: ICD-10 を中心とした精神疾患診断基準の動向. 精神医学, 32; 686-694, 1990.
  • 北村俊則:構造化面接の効用と限界. 精神科診断学, 1; 473-478, 1990.
  • 保崎秀夫(編著)新精神医学. 第2版.文光堂,東京,1990.(共同執筆)
  • 宮岡等,寺田久子,北村俊則:アレキシサイミア・スケ-ル(alexithymia scale).心身症診療Q & A.pp. 311/8-311/11, 1990. 六法出版社,名古屋
  • 北村俊則:精神症状測定法. 懸田克躬,島薗安雄,大熊輝雄,保崎秀夫,高橋良(編)現代精神医学大系年刊版´90,pp. 87-112, 中山書店,東京, 1990.
  • 北村俊則:現代の古典 (1) Tsuang とアイオワ500計画.精神科診断学, 1; 120-122, 1990.
  • 北村俊則:書評 Thomas Ban 著 Composite Diagnostic Evaluation of Depressive Disorders (CODE DD), 1990, SM Productions: Brentworth, USA, 精神科診断学, 1; 155-155, 1990.
  • 北村俊則:学会報告:精神科診断に関する国際会議.老年精神医学, 1; 1040, 1990.
  • 北村俊則,島悟,加藤元一郎,岩下覚,神庭重信,白土俊幸,藤原茂樹,市川洋子,加藤雅高,神庭靖子,飯野利仁,生田憲正,宮岡等,武井茂樹,樋山光教,越川裕樹,柘野雅之,千葉忠吉:慢性精神分裂病の陽性症状と陰性症状. 精神医学, 31; 131-136, 1989.
  • Kitamura, T., Shima, S., Kano, S. and Asai, M.: Hormonal changes in Major Depressive Disorder. Keio Journal of Medicine, 38; 40-52, 1989.
  • Kitamura, T., Sugawara, M., Aoki, M. and Shima, S.: Validity of the Japanese version of the GHQ among antenatal clinic attendants. Psychological Medicine, 19; 507-511, 1989.
  • 竹内美香,鈴木忠治,北村俊則:両親の養育態度に関する因子分析的研究. 周産期医学, 19; 852-856, 1989.
  • Kitamura, T., Shima, S., Sakio, E. and Kato, M.: Psychiatric diagnosis in Japan. I. A study on diagnostic labels used by practitioners. Psychopathology, 22; 239-249, 1989.PDFはこちら
  • Kitamura, T., Shima, S., Sakio, E. and Kato, M.: Psychiatric diagnosis in Japan. II. Reliability of conventional diagnosis and discrepancies with RDC diagnosis. Psychopathology, 22; 250-259, 1989.PDFはこちら
  • Kitamura, T., Takazawa, N. and Moridaira, J.: Family history study of major psychiatric disorders and syndromes. International Journal of Social Psychiatry, 35; 333-342, 1989.
  • 北村俊則,島悟:RDC 定型うつ病患者における幼少期の喪失体験と臨床像の関連. 精神保健研究, 35; 83-87, 1989.
  • 竹内美香,北村俊則:Social desirability 判断の形成に関する発達的研究-大学生とその両親の比較-. 精神保健研究, 35; 133-137, 1989.
  • 北村俊則,菅原ますみ,島悟,青木まり,佐藤達哉:妊娠・出産と母子精神衛生. 郷久鉞二(編)マタニテイ-・ブル-.pp 131-148, 同朋社,京都,1989.
  • 青木まり,北村俊則,島悟,菅原ますみ:ベイビ-・ブル-ズ・プロジェクト. 小此木啓吾,渡辺久子(編)別冊発達9「乳幼児精神医学への手引き」,pp. 74-79, ミネルヴァ書房,京都,1989.
  • Endicott, J., Spitzer, R. L. et al.北村俊則(訳・編)崎尾英子,高橋龍太郎,島悟,加藤元一郎,藤原茂樹(訳)精神科診断学ケ-スブック:RDC とDSM-III-R の症例用紙・解答・解説,医学振興社,東京,1989.
  • 島悟,北村俊則,青木まり,菅原ますみ,坂倉啓一:出産に伴う精神障害の縦断的研究. 日本医事新報, 3344, 43-49, 1988.
  • 菅原ますみ,青木まり,北村俊則,島悟:乳児期における気質的特徴の構造-日本語 Revised Temperament Questionnaire の検討-. 湘北短期大学紀要, 9; 157-163, 1988.
  • 藤原茂樹,生田憲正,千葉浩彦,菅原健介,仲尾唯治,宗像恒次,北村俊則:心理学者による精神科診断の症例要旨法による信頼度検定-精神科医との比較-. 臨床精神医学, 17; 1081-1087, 1988.
  • 菅原ますみ,北村俊則,青木まり,島悟:妊娠中の母親の抑うつと新生児の行動特徴. 小児保健, 47; 577-581, 1988.
  • Kitamura, T., McGovern, D. A., Imlah, N. W., Wiles, D. and Schiff, A. A.: Plasma levels of fluphenazine and prolactin among psychiatric patients. European Archives of Psychiatry and Neurological Sciences, 237; 320-326, 1988. PDFはこちら
  • 北村俊則,島悟:感情障害の親族内発病危険率. 社会精神医学, 11; 299-303, 1988.
  • Otsuka, T., Shimonaka, Y., Maruyama, S., Nakazato, K., Kitamura, T., Yaguchi, K., Sato, S. and Ikeda, H.: A new screening test for dementia. Japanese Journal of Psychiatry and Neurology. 42; 223-229, 1988. PDFはこちら
  • 北村俊則,池上直己:イギリスの精神医療. 精神医学, 30; 985-991, 1988.
  • 北村俊則:精神症状測定の理論と実際-評価尺度,質問票,面接基準の方法論的考察-. 海鳴社,東京,1988.
  • 北村俊則:感情障害の診断基準. 懸田克躬,島薗安雄,大熊輝雄,保崎秀夫,高橋良(編)現代精神医学大系年刊版 ‘88B, pp 53-72,中山書店,東京,1988.
  • 渡辺登,北村俊則:その他の代表的な疾患の概要. 福祉士養成講座編集委員会(編)介護福祉士養成講座第11巻,精神保健.東京中央法規出版,東京,1988.
  • Kitamura, T.: Japanese psychiatry. Bulletin of the Royal College of Psychiatrists. 12; 27, 1988.
  • 北村俊則:入門診断基準-DSM-III-Rの理解のために- 2 .恐慌性障害と全般性不安障害.心の臨床ア・ラ・カルト, 7; 44-46, 1988.
  • 北村俊則:分裂病の持効性抗精神病薬による治療-イギリスにおけるデポクリニック-.MEDICO, 19; 8106-8108, 1988.
  • 北村俊則:入門診断基準 -DSM-III-Rの理解のために- 3 .感情障害とその下位分類.心の臨床ア・ラ・カルト, 7; 178-180, 1988.
  • 北村俊則:入門診断基準- DSM-III-R の理解のために-4.物質常用障害の診断の問題点.心の臨床ア・ラ・カルト, 7; 300-302, 1988.
  • Brockington, I. F. and Kumar, R. (eds.) Motherhood and mental illness.保崎秀夫(監訳)北村俊則,菅原ますみ,青木まり,佐藤達哉(共訳)母性と精神疾患,学芸社,東京,1988.
  • 千葉浩彦,佐藤達哉,北村俊則:RDC定型うつ病の症状論的研究. 精神科治療学, 2; 77-86, 1987.
  • 須賀良一,森田昌宏,伊藤順一郎,北村俊則:操作的診断基準の信頼性とその問題点Ⅰ.症例要旨法による研究用診断基準 (RDC) の評定者間信頼度検定. 精神医学, 29; 273-378, 1987.
  • 大塚俊男,下仲順子,北村俊則,中里克治,丸山晋,谷口幸一,佐藤真一,池田央:痴呆スクリ-ニング・テストの開発. 精神医学, 29; 395-402, 1987.
  • 伊藤順一郎,森田昌宏,須賀良一,北村俊則:操作的診断基準の信頼性とその問題点Ⅱ.症例要旨法による家族歴研究診断基準 (FH-RDC) の評定者間信頼度検定. 精神医学, 29; 475-480, 1987.
  • 北村俊則,須賀良一,森田昌宏,伊藤順一郎:操作的診断基準の信頼性とその問題点Ⅲ.再試験法による研究用診断基準 (RDC),ハミルトンうつ病評価尺度,陰性症状評価尺度の信頼度検定. 精神医学, 29; 579-585, 1987.
  • Kanba, S., Shima, S., Masuda, Y., Tsukumo, T., Kitamura, T. and Asai, M.: Selective enlargement of the third ventricle found in chronic schizophrenia. Psychiatry Research, 21; 49-53, 1987.
  • 北村俊則,島悟,加藤元一郎,岩下覚,神庭重信,白土俊幸,藤原茂樹,市川洋子,加藤雅高,神庭靖子,飯野利仁,生田憲正,宮岡等,武井茂樹,樋山光教,越川裕樹,柘野雅之,千葉忠吉:慢性精神分裂病に対する臨床評価尺度の信頼度. 精神医学, 29; 933-940, 1987.
  • 北村俊則,島悟,竹内ますみ,青木まり:妊娠・出産に伴う精神障害の疫学的研究-妊娠初期の感情障害の罹患率とその発病危険因子-. 社会精神医学, 10; 255-263, 1987.
  • 北村俊則,越川法子,島悟,藤原茂樹,鈴木忠治,宮岡等,片山信吾,萩生田晃代,伊藤斉:不安性障害の臨床的研究― DSM-III Rの適用-. 精神医学, 29; 1073-1079, 1987.
  • Oka, K., Noguchi, M., Kitamura, T., and Shima, S.: Liquid chromatography and radioimmunoassay compared for determination of cortisol and corticosterone in plasma after a dexamethasone suppression test.. Clinical Chemistry, 33; 1639-1642, 1987.
  • 北村俊則,島悟,加藤元一郎,岩下覚,神庭重信,白土俊幸,藤原茂樹,市川洋子,加藤雅高,神庭靖子,飯野利仁,生田憲正,宮岡等,武井茂樹,樋山光教,越川裕樹,柘野雅之,千葉忠吉:慢性精神分裂病の臨床症状と人口統計学的指標. 精神保健研究, 1; 27-35, 1987.
  • 北村俊則:不安性障害の診断学・症状学. 精神科治療学, 2; 303-305, 1987.
  • 北村俊則: GHQ の成立過程と使用上の問題点. 心理測定ジャ-ナル, 23; 6-11, 1987.
  • 厚生省保健医療局国立療養所課(監修)痴呆性老人の早期発見の手引き<よき介護のために>. 新企画出版社,東京,1987. (分担執筆)
  • 千葉浩彦,佐藤達哉,北村俊則:「千葉浩彦・佐藤達哉・北村俊則: RDC 定型うつ病の症状論的研究.精神科治療学2; 77-86, 1987」における統計学的推論の問題点について.精神科治療学, 2; 652-654, 1987.
  • 北村俊則:入門診断基準- DSM-III-R の理解のために- 1 .診断基準の必要性.心の臨床ア・ラ・カルト, 21; 30-31, 1987.
  • 北村俊則:なんでも相談室.プチタンファン, 1987年 3月号 133-134.
  • Marziali, E. A.: People in Your Life Scale. 北村俊則(訳)自記式社会援助評価尺度 (PIYL).精神保健研究, 1; 53-65, 1987.